常々備忘録

好きなことを好きなだけ

iPhone7の保護フィルムは"全面タイプ"を買え!〜失敗しない保護フィルムの選び方〜

よもや生活必需品となったスマートフォン。特に愛用者が多いのはiPhoneだろう。

f:id:ShinyaAratani:20170425220724j:image

新谷の歴代iPhoneたち

 

f:id:ShinyaAratani:20170425220739j:image

着せ替えるのも楽しい

 

iPhone7からカメラレンズが大きくなったり、イヤホンジャックが廃止されるなど様々な変化ぎ起きているが、周辺アイテム購入の際最も悩まされるのが保護フィルムの存在である。

 

家電量販店に行けば壁一面が覆い尽くされるほど、たくさんの保護フィルム(保護シート、ガラスフィルム等とも呼ばれる)が販売されているが、はっきり言って何が何だか分からない。

値段はピンからキリまで。書いてある売り文句はどれも似たような内容ばかり...

結局どれを選べばいいのだろうか?

 

iPhone歴はや5年を突破した新谷が自信を持ってオススメするのが、厚めの全面タイプだ。

 

現在使用しているのがコチラ

 

全面タイプは名の通り、画面を端から端まで保護する作りとなっている。

オススメの理由は、これまで使用したiPhoneの画面を見て頂ければ一目瞭然だ。

 

f:id:ShinyaAratani:20170425221511j:image

 筆者は必ずフィルムを貼るようにしているため極端な画面割れを発生させたことはないが、2年ほど使うと写真のような痛みが生じてくる。

また以前張り替えたフィルムは、ホームボタン近くが完全に保護されておらずだんだんめくれてきてしまった。

 

厚めの全面タイプなら

・画面端が割れない

・完全に覆われているので剥がれにくい

・枠があるので気泡を追い出しやすい

等々、様々な問題を解決できる。

 

ちなみに保護フィルムは、本体購入をした家電量販店やケータイショップのその場で勧められることがほとんどだが、信販売で購入する方が圧倒的にお得だ。

amazon等を見てもらうとよく分かるが、良質な商品が定価1/5以下ほどの値段で手に入ってしまう。

ぜひチェックしてみてほしい。

 

というわけで今回は、「書いたいけどフィルムとか何が違うかわかんねーよ!」という方向けに記事を書いた。参考になれば嬉しい限りである。